防風通聖散の飲み過ぎでどうなる?|妊娠中や授乳中の服用について紹介

防風通聖散を飲み過ぎるとどうなる?

防風通聖散を飲み過ぎても、その分体重が減るということはありません。
この薬は、肥満で便秘気味の人に用いられることが多い漢方薬です。
効能としては、発汗や利尿、便秘改善の作用があるため、肥満や高血圧を伴うのぼせや、むくみ、動悸、肥満体質を改善させるというものがあります。
そのため、防風通聖散を飲めば飲むほど痩せるというような勘違いをして、飲み過ぎる人がいるのですが、この薬を飲み過ぎてもそのような効果は望めません。
下痢になるなどの副作用が表れるだけです。
防風通聖散はやせ薬ではありません。
基本的には便秘改善の作用が強いため、便秘でお腹がぽっこり出てしまった、お腹が苦しいといったことには効果がありますが、便秘で溜まったものを出すだけで、劇的に痩せるといった効果はありません。
また、利尿作用や発汗作用があるため、むくみ改善やエネルギー消費に役立ちます。
このように、防風通聖散を飲むことだけで痩せるという効果を得るのは難しいですが、ダイエットの一助にはなります。
運動する時間を増やしたり、食事の見直しをしながら、この薬を飲むことはダイエットにとても役立つのでお勧めです。

 

 

防風通聖散を服用すると胃痛を起こす?

防風通聖散とは肥満症に用いられる漢方薬であり、体質の合わないかたや体の弱いかたが服用した場合、胃痛を引き起こす可能性があるため、服用には注意が必要となります。
この防風通聖散は、体を冷やして発熱を抑え、便秘やむくみや高血圧、およびそれに関係する肩こりやのぼせなどの諸症状を改善する働きがあります。
また便通を良くするために体内の消化器系の水分循環を改善する働きも認められています。
しかし、人によっては効きすぎてしまうために、ときとして胃痛などの症状を引き起こしてしまう場合もあります。
この防風通聖散は、一日当たり7.5グラムを2回から3回に分けて、食前あるいは食後に服用してください。
これは成人を目安にした用法、用量ですので、年齢や症状などの個人に合わせて、その都度調整してください。
用量を間違えた場合、胃痛などの症状を引き起こす可能性があるため、もし分からない場合には、医師や専門家に相談してください。
この防風通聖散は外国の昔の書物にも登場する伝統ある漢方薬であり、いわゆる肥満のかたに多く服用されています。
服用に際しては必ず医師や専門家に相談してから、服用してください。

 

 

防風通聖散で下痢になる?

防風通聖散はダイエットやデトックスに効果がある漢方薬です。
防風通聖散は、肥満の方や便秘気味の方に良く用いられて、発汗や利尿や便通がよくなり、肩こりやのぼせやむくみ等の症状を改善します。
防風通聖散は、お腹周りの脂肪が多いタイプの方で、比較的に体力のある方に向いているとされています。
逆に痩せている方や、体力がない方には向いておらず、下痢などの副作用が出るのでおすすめ出来ません。
防風通聖散を服用すると、体の熱を冷まし、水分循環を良くする等の作用が働きます。
発汗機能を高めて熱を冷まし、水分循環の改善で利尿作用や便通改善になります。
ダイエットには代謝を高めることが有効と言われています。
発汗機能が高まることで、代謝機能が高まり、ダイエットにつながります。
また、排尿や便通が良くなることで、余分なものを体外に排出しやすくなりので、ダイエットになりデトックスの効果が期待できます。
ダイエットだけではなく、普段から便秘気味でおなかが張ったりする等の症状を緩和することが出来ます。
ただし、普段から便通が良く、軟便気味の方や、胃腸の弱い方は下痢の症状が出てしまうことがあるので、注意が必要です。

 

 

防風通聖散を妊娠中に飲んでもいいの?

防風通聖散とは、体の熱を冷まし、病因を発散させるような作用のある漢方薬です。
また、体の水循環をよくし、便通をつける作用もあります。
妊娠中は、お腹の赤ちゃんが心配で、薬を飲むということを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか?
しかし、妊娠中はたくさんの体のトラブルに見舞われることが多いものです。
頭痛、貧血、便秘などの症状がでることが多く、なかでも便秘は、赤ちゃんが心配であまり強くいきめず、さらに便が溜まってしまうという悪循環に陥りがちです。
腹痛がひどく産婦人科に駆け込んだところ、便がいっぱい溜まっていたための腹痛だった……ということも珍しくないそうです。
そんな妊娠中の便秘には、防風通聖散がおすすめです。
妊娠中の便秘解消には、妊婦さんが心配している通り、薬ならなんでも飲んで良いという訳ではありません。
漢方薬でも、注意しなくてはなりません。
よく漢方の煎じ薬で使われるセンナや大黄というものは、アントラキノン系の下剤です。
これは長期間服用すると最悪の場合自力排便が困難になってしまいます。
その点、防風通聖散は大黄の含有量が少なく、副作用の少ない便秘薬です。
妊娠中の便秘を解消するために安心して飲める漢方薬です。

 

 

授乳中も飲めるの?

授乳をしていると、飲みたくても飲めない薬が多くあります。
風邪を引いても、頭が痛くても、なるべく薬を飲まないようにし、自然治癒しなければと思うと、難しいものがあります。
授乳している時期や妊娠している時期に漢方薬は飲めると、どこかで一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
漢方薬の中で、防風通聖散という薬は、便秘を改善したり、肩こりやむくみ、皮膚炎を改善するのに効果的な薬です。
授乳している時期は、便秘になりがちですし、抱っこなどで肩こりにもなりやすいとなると、服用したい薬の1つではないでしょうか。
しかし、防風通聖散は、授乳期は、服用を控えなければならない薬です。
微量ではありますが、少なからず乳汁から成分が出てしまう可能性があります。
乳児への影響もないとはいいきれませんし、小さな影響だったとしても、控えるべき薬であるといえます。
防風通聖散に限らず、全ての薬は、服用から30分後が一番、乳汁に成分が出やすいと言われており、3時間後だとほぼ成分が出ないと言われています。
しかし、それでも、微量の成分は出る可能性があるので、大切なお子様を守るためにも、服用を控えた方がいいと言えます。
適度な運動や、水分、休息で、大切な授乳期を楽しめるよう、体を整えてください。

 

 

防風通聖散を試す方法

防風通聖散には色々な効果や副作用があることがわかりました。
防風通聖散を試すには、購入する必要があります。
ここでは、防風通聖散「生漢煎」を詳細説明しているサイトを掲載しておきます。興味があれば、覗いてみてくださいね。